ZERO_AD2005.jpg

2005, Surf Trip Journal Photo by Denjiro Sato

ウェットスーツもサーフボードと同じように、サーフィンのための大事な道具です。

ジェリーさんに限らず、ゼロのウェットスーツを着ている人たちというのは、自分がやりたいことを最大限出し切るための道具として、
ウェットスーツを使っている。  
​                            ー 川南 正

Aquaseal_S_edited.png

Topics

Topics

ゼロ・ウェットスーツが愛されつづける、
いくつかの理由とは。
(続きを読む→)

お薦めのインナー素材はこれ!

お薦めのインナー素材はこれ!

ゼロ・ウェットスーツお薦めの冬用ウェットスーツのインナー素材を紹介しましょう。

 通常、インナーのジャージ生地の場合、ポリエステル(Extend)かナイロン(Air Light)を選ぶことができますが(インナーにポリエステルを選んだ場合、外側もポリエステルになります)、ゼロ・ウェットスーツではさらにコブラシリーズを除くすべてのフルスーツのウェットスーツではインナー素材にポリエステルの糸とナイロンの糸の二重構造になった、起毛タイプ(シェルター)の生地、Z-1を用意しています。Z-1のインナーのジャージ生地、シェルターの優れているところは、水の抜けが良いことです。たとえば、サーフボードの上に股がって波待ちをしている場合、水が浸かっていない上半身部分は手首から水が抜けていくので、暖かさがちがいます。水抜けの良さはほかの生地に比べて35パーセント良いという調査結果がでています。また、海から上がって、ウェットスーツを干す場合でもほかのウェットスーツよりもはるかに乾きが速いということです。百聞は一見に如かず、ぜひこの冬、Z-1のインナーのジャージ生地、シェルターをお試ください。

Z1ジャージー(内側)S.jpg

Z-1で使用しているインナー素材「シェルター」