検索

冬用ウェットスーツのインナー素材

今日は、ゼロ・ウェットスーツお薦めの冬用ウェットスーツのインナー素材を紹介しましょう。

 通常、インナーのジャージ生地の場合、ポリエステル(Extend)かナイロン(Air Light)を選ぶことができますが(インナーにポリエステル/Extendを選んだ場合、外側もポリエステル/Extendになります)、ゼロ・ウェットスーツではさらにコブラシリーズを除くすべてのフルスーツのウェットスーツではインナー素材にポリエステルの糸とナイロンの糸の二重構造になった、起毛タイプ(シェルター)の生地、Z-1を用意しています。Z-1のインナーのジャージ生地、シェルターの優れているところは、水の抜けが良いことです。たとえば、サーフボードの上に股がって波待ちをしている場合、水が浸かっていない上半身部分は手首から水が抜けていくので、暖かさがちがいます。水抜けの良さはほかの生地に比べて35パーセント良いという調査結果がでています。また、海から上がって、ウェットスーツを干す場合でもほかのウェットスーツよりもはるかに乾きが速いということです。百聞は一見に如かず、ぜひこの冬、Z-1のインナーのジャージ生地、シェルターをお試ください。


ゴムと接するベースにナイロン系の繊維を使い、その内側、肌が接する部分にポリエステル系のパイル繊維を使用し、水抜けの良さと暖かさを増したZ-1のインナー、シェルター。

閲覧数:193回0件のコメント