検索

初期のウェットスーツの話

1952年に、ジャック・オニールがDC-3旅客機の通路に敷かれたネオプレンゴムカーペットに触発され、初めてサーファー用のウェットスーツのベストを製造・販売したが、初期のウェットスーツはサーファーたちのあいだでは不人気だった。理由はネオプレンゴムの品質が悪く、着にくいうえに肌を傷つけることが多く、ほとんどのサーファーたちから「シッス/女っぽい(sissified)」と見られていた。最初に人気を博したウェットスーツのモデルはショートジョンやロングジョン、フロントジップの長袖のジャケット(ラバージャケットと呼ばれていた)などで、1970年にオニールが初めて売り出したのがフルスーツのウェットスーツで、これはベストセラーとなった。このフルスーツはオーストラリアでは「スティーマー」と呼ばれ、人気を博した。

閲覧数:83回0件のコメント