検索

壊れにくいウェットスーツの縫製。

一般的に丈夫だといわれているのがジーパン。そのジーパンの縫製は、足の部分は布をヨコで縫い合わせていて、お尻の部分はタテに縫い合わせています。しかし、ウェットスーツでは、縫い線を横割り、縦割りにすると、ゴムはひじょうに壊れやすいので、ZEROのウェットスーツは斜め、斜めでカットして縫い合わせています。また、縫い線が十字に割れているところはほとんどありません。すべてT字型、またはY字型に割れるようにカットし、縫製しています。そうすることによって壊れにくいウェットスーツができあがるのです。でもそういう縫製はとても作りにくいし、難しいのです。ちまたでは、そういうふうに見せかけてデザインしているウェットスーツがたくさんあるようです。デザイン重視で作っているから、見た目にはかっこいいのですが、丈夫とは言えません。でも、ゼロ・ウェットスーツはデザイン重視ではなくて、壊れないことを重視して作っています。いわゆる機能重視がゼロ・ウェットスーツのポリシーなのです。




閲覧数:125回0件のコメント

最新記事

すべて表示